保険料額表

用紙DL
28年4月改正分はこちら→
29年3月改正分はこちら→

平成29年3月1日改正



○被保険者が負担する保険料(以下「被保険者負担分」に円未満の端数がある場合について)
 事業主が給与から被保険者負担分を控除する場合、被保険者負担分の端数が50銭以下のときはその端数は切り捨てし、51銭以上のときは切り上げて1円となります。
 注)事業主を被保険者間で特約がある場合には、特約に基づき端数の処理をすることができます。

○賞与にかかる保険料について
 標準賞与額(賞与額から1,000円未満を切り捨てた額で決定、上限は年間540万円(平成28年4月以降は年間上限573万円)に上記保険料率を掛けて保険料を算出します。

○納入告知書の保険料額
 納入告知書の保険料額は、当該事業所の総標準報酬月額に保険料率をかけた金額になります。
 ただし、円未満に端数がある場合はその端数を切り捨てた額となります。

保険料等の口座振替について

戻る